スリジエ

相談支援事業所 スリジエ



サービス等利用計画ってなに?

障害者自立支援法が改正されて、平成24年4月より障害福祉サービスを利用する際には「サービス等利用計画」の作成が必要となりました。
つきましては、初めてサービス利用を希望される場合は、
相談支援事業所が作成する「サービス等利用計画」が必要です。

サービス等利用計画って誰が作るの?

障害福祉サービスの支給決定を受けている方が、地域で生活していくときに必要となるさまざまなサービス等を上手に活用するために作る計画です。居宅介護、生活介護、就労継続支援事業所などのサービス等を利用する場合、作成することが義務づけられました。

計画は、市が指定する「相談支援事業所」が作成します。

福祉サービスの経験があり、相談支援の専門研修を受けたスタッフ(相談支援専門員)が、面談をしてサービス等利用計画の作成をします。

相談支援事業所ではどんなことをするの?

相談支援事業所では、障害のある方及びそのご家族等との面談を行い、生活状況、家族状況、ご本人の希望することなどを伺い、サービス等利用計画を作成したり、サービス等の申請のお手伝いをします。また、必要な情報の提供や専門機関との連絡調整等も行います。

サービス等利用計画を作るにはお金がいるの?

計画の作成にお金を払うことはありません。